碧き光


Illustration by YUKI(SNOW FLAKES) & Story by Yuuri




†† vol.1 ††


「何で俺が戻って来た時なんだよっっ」

 目一杯の不機嫌さで002は、横で黙々と作業を続けているジョーを睨む。

 ジョーは彼の言葉に苦笑すると、穏やかに返答した。

「別に『ジェットが戻って来たから』じゃないよ。元々、今日やることに決まっていたんだ」
「お前、1人でか?」
「まさかっ 大人とグレートに手伝って貰う手筈になっていたんだよ」
「で、その肝心の2人はどーしたんだよ」

 イライラと足を鳴らしながら、ジェットは半眼になり、その2人の行方を問う。
 彼等の姿は、此処――ドルフィン号の格納庫にも、地上の研究所にも無かった。
 002が何の連絡も無く、ふらりと研究所に帰って来たのは、昨日の夜。その時からずっと…一度も006と007の姿は見ていない。

「2人とも、お店、だよ」
「作業が今日だってコトは前から分かってたんだろっ 何で来ねーんだよっっ」
「急に団体の予約が入ったんだって」
「はぁ? 何だよ、それは…」

 002は自分の不運を呪い、がっくりと脱力する。
 どうやら、どう足掻いても、この地味で面倒な作業から逃れる事は困難らしい。

 ドルフィン号の塗料の塗り替え作業。
 それが本日のサイボーグ達の課題(ミッション)だった。

 ギルモア博士と001の力で、ドルフィン号用の優れた新しい塗料が完成したのは、つい1週間前の事だった。
 塗料とは言っても無色透明な…所謂、皮膜のようなものだ。以前塗られていたものより10倍以上の強度があるらしい。

 先ずは今までの塗料を特殊な洗浄液で洗い落とし、その後、新たな塗料(皮膜)を吹き付ける。作業自体はそれほど困難では無く、誰でも出来る至って単純なものだ。
 だから、帰国しているメンバー全員を呼び戻す事はせず、研究所に残っているジョーと、日本在住の006と007の3人で行う予定になっていた。

「お客さんから、どうしても大人の店でやりたい、って強い要望があったらしいんだ。常連客らしいから、蔑ろにも出来ないだろ?」

 ジョーはホースが絡まないように注意しながら、洗浄液をドルフィン号のボディに拭きつけていく。

 洗浄液も、無色透明で匂いも無い。一見すると水のようだが、実はかなり強烈な劇薬で、普通の人間であるギルモア博士と001、そして自分達より皮膚の弱いフランソワーズは、元々この作業から外されていた。

「けっ 何処のどいつだよっ そんな物好きな奴はっ」

 002はそう吐き捨てると、渋々作業を再開する。
 逃げられないのなら、さっさと終わらせる以外に無い。

「えーーーーっと、確か……『SNOWFLAKES』という、女の子ばかりのサークルだったような気が……」
「女のコ!? 若いねーちゃんか? 美人は居るのか?」
「一度大人のお店を手伝っていた時に会ったけど、10代の子も居たし、子供連れの人も居たよ。何のサークルかは訊かなかったから分からないけど」

 女の子と聞き、途端に態度が変わった002に、ジョーは生真面目な返答を返す。

「人妻も良いけどなーーー。やっぱり狙うのは、ちょっと歳上のナイスバディの色気のあるおねーさんだろーなぁ。もしくは歳下の可愛い大和撫子っっ そーゆーのは居たか?」
「そ、そんなこと、分からないよ」
「肝心なコトだろっ ちゃんと見とけよっっ!  あ……、お前の基準で判断されても参考にはなんねーか……」
「それ、どういう意味?」
「お前の基準はフランソワーズだからな。アイツを基準にされたら、世の中の大半の女性が泣くぜ」
「泣く?? どうしてさ?」

 本当に意味を理解出来ずに仔犬のような瞳で尋ねるジョーに、002はくらくらと眩暈を覚える。

「アイツは上玉中の上玉だろーがっ 顔だって躯だって文句ねーだろーっっ」

 ジェットの言葉にジョーはさぁっと顔色を変えると、ぐいっと彼を詰め寄る。

「躯って……ジェット、まさか…見たことあるのか!?」



「馬鹿っっ うわぁっ」

 ジョーの凄みのある視線に、思わず一歩下がってしまった002は、危うく細い足場から転落しそうになる。

「ジェットっ!」

 咄嗟にジョーが彼の腕を掴み支えた。
 辛うじて転落を免れたものの、002の手に握り締められていたホースが、放出される水の勢いに暴れ、そこら中に洗浄液を撒き散らしながら、落ちていく。





「きゃぁっっ!!」


 研究所へと続くエレベーターの入り口付近から上がった、小さな悲鳴。
「フランソワーズ?」
「やべっ」

 その悲鳴が誰のものであるのか、直ぐに分かった2人は、同時にその位置を覗き込んだ。
 案の定、すっかりとずぶ濡れになってしまったフランソワーズが、状況が理解出来ず、困惑し泣き出しそうな表情で佇んでいた。

 ジョーと002は顔を見合わせる。
 002は『お前に任せる』と、首を竦めてジョーに合図する。
 ジョーは小さく頷くと、ノズルを閉め、とん、と軽やかなジャンプで床に降り、フランソワーズの元へ向かう。

「大丈夫?」
「だ、だっ 駄目っっ 来ないでっ!」

 やっと自分に起こった事態の一部を把握したフランソワーズは、真っ赤になりながら、ばっと羽織っていた白いカーディガンの前を閉じ、両手できつく押さえる。

「え?」

 いきなりの頑なな拒絶に、ジョーは驚いて歩みを止め、フランソワーズを注視する。
 ジョーの視線に気付いたフランソワーズは更に……耳まで見事なほどに赤く染まった。

 濡れて肌に張り付いた亜麻色の髪からは、ぽたぽたと雫が落ち、モスグリーンの柔らかなスカートも脚に絡み付いている。
 懸命に押さえているカーディガンと腕の僅かな隙間から覗く、爽やかな水色の薄手のブラウスは、シースルーの如く透け、白い素肌と、彼女の豊満なバストを包み込む下着の一部を映してしまっていた。

「み、見ないで……」
「ごめん…」

 濡れたフランソワーズの麗しい姿に一瞬見惚れてしまっていたジョーは、はっと我に返ると、慌てて彼女の言葉通りに、彼女から目を逸らす。
 フランソワーズが何故自分を寄せ付けないのか、その理由は既に明らかだった。

 ジョーの眼差しから開放された事を感じたフランソワーズは、ほっと小さく安堵の溜息を零すと、恥ずかしさの為に足元に伏せていた視線を、再びジョーへと戻す。

 少しだけ朱に染まった心配そうなジョーの横顔を見、フランソワーズは肩の力を抜くと微苦笑する。
 彼が本気で自分を心配してくれている事が、堪らなく嬉しかった。

「着替えて…来る、から……」
「あ、うん……1人で平気かい?」
「ええ。平気よ」

 そう答え、エレベータへと歩き出そうとした時だった。

「!?」

 ちくり、と、先ず右目に針で刺したような痛みが走った。続いて、左目。
 それと同時に、視界が急速に白く霞み始める。
「い、痛っっ」

 その直後、強烈な痛みが両目を襲い、フランソワーズは掌で瞳を押さえると、崩れるようにその場に蹲る。

「フランソワーズっっ」

 突然のフランソワーズの異変に驚いたジョーは、慌てて彼女に駆け寄り、肩を支える。
 彼女の細い肩が、痛みの為に小刻みに震えいてた。

「……っ」
「どうしたんだ!? 目? 目が痛むのか!?」

 怒鳴るようなジョーの問いに、フランソワーズは強く瞼を押さえ、苦痛に顔を歪めながら、小さく頷く。
 痛みを堪えるので精一杯で、口も利けない。尚更、無線を使うことなど、考えもつかなかった。

 苦しむフランソワーズを前にして錯乱しそうになりながら、ジョーは懸命に現状を把握し、原因を突き止めようとする。

(一体、何が…)

 何がフランソワーズの身に起こっているのだろうか。

 この痛がり方は、尋常では無い。
 何かが確実に彼女を蝕んでいる。

「おいっ ジョー! この洗浄液はソイツにはヤバイんじゃなかったか!?」
「!!」

 002の切羽詰った声で、ジョーはやっと重大な事実を思い出した。

 -----この洗浄液は強過ぎて、フランソワーズには害を及ぼす-----

(水!)

 今は一刻も早く、彼女の身体に纏わり付いている洗浄液を洗い流さねばならない。
 ジョーはフランソワーズの元から離れると、塗装用に使う予定だった真新しいホースを水道の蛇口に繋ぎ栓を開くと、もう片方のホースの先を握り彼女の元に戻る。

「フランソワーズ、ごめん」

 ジョーはそう謝罪すると、容赦無く清らかな水を床に座り込んでいるフランソワーズの頭から浴びせかけた。
 
 季節は初冬。水道水が彼女には冷た過ぎるのは分かっていたが、今は洗浄液を洗い流すことが先決だった。

 フランソワーズは水の冷たさに叫び声を上げるでもなく、ぎゅっと唇を噛んで耐える。
 頭から身体へと伝い、床へと流れ落ちていく水が、確実に体温をも奪っていくのを感じる。
 冷たくなる躯、感覚の無くなる指先。痛みと凍えから来る震えは、どんなに封じても自分では抑え切れなかった。

 フランソワーズの肌がみるみる蒼白く変色し、唇が紫色になるのを見て、ジョーは胸が痛む。
 けれども、ここで止める訳にはいかなかった。

「フランソワーズ、目、開けられるかい?」

 ジョーの問いに、フランソワーズは首を横に振る。
 焼け付くように痛む瞳を開くなんて、到底出来そうなかった。

「だったら、目は瞑ったままで良いから、顔を上げて」

 フランソワーズはその指示に従い、ゆっくりと顔を上げる。
 ジョーは彼女の顎に片手を添え、俯かないように固定すると、フランソワーズの閉じられた瞼へ水をかけた。

「瞬きして。そう……ゆっくり、何度も」

 瞼の隙間から入り込んだ水が、洗浄液を洗い流すにつれて、痛みも徐々に弱まっていく。

 痛みに堪えていた彼女の表情が段々と解れて、完全に瞳が開かれると、ジョーは少しだけ安堵し、ホースを彼女から遠ざける。

「未だ、痛む?」
「ううん、もう……平気」

 フランソワーズは消え入りそうな声でそう返答する。
 本当に、もう痛みは感じなかった。

「他に、何処か痛む?」
「ううん。大丈夫。でも……」
「でも?」
「…………ないの」
「え?」

 フランソワーズの小さな声は、水音に掻き消されてジョーの耳には届かなかった。

 フランソワーズは震える唇で、今度ははっきりと告げる。

「…………見えない、の」

 何も、映らない。

 自分が瞼を開いている事は分かる。
 なのに、辺りはぼんやりとした乳白色で、その中で僅かに何かが揺れているだけだった。
 物の形さえ描き出さない。

「見え、ない?」

 ジョーの戸惑った心配そうな声。
 フランソワーズはジョーへと…彼の声が聞こえて来た方向へと顔を向け、視ようとする。
 だが、やはり視えるのは、光の揺らめきだけだった。

 先刻まで確かに見えていた筈のジョーの顔が、今の自分の視界からは消去されてしまっている。

「……視えないのか?」

 ジョーは食い入るようにフランソワーズの碧い瞳を覗き込んだ。
 いつもは澄んだ海の色を湛える彼女の瞳は、今はくすんだ灰色に近い色をしていた。
 何かを追って微かに瞳は動くものの、視点は完全に自分をすり抜けてしまっている。

 フランソワーズはこくんと頷くと、無理に笑顔を浮かべる。

「ごめんなさい……貴方が、視えない」





Back / Next

 



祐浬 2003/1/15