夢幻の霧に包まれし此処は         
            永遠を彷徨う刻の狭間

虚空に浮かんだ記憶の破片が誘う
           その先には――……