Moment

― Text by Yuuri ―




偶然、重なった視線…――



名前さえ知らない。

知っているのは……、
悪しき組織に強制的に付けられた哀しき番号だけ…


君(貴方)は――誰…?


仲間?

それとも…――



†† すべてはこの瞬間から… ††




Back