deesse


― Text by Shion ―





柔らかなケープと亜麻色の髪をそよぐ海風に靡かせて
そっと振り返ったキミの唇が
小さく……優しくボクの名を紡ぐ


蒼く澄んだ瞳
眩しい笑顔
キミが齎すそのすべてが
ボクを導いてくれる一条(ひとすじ)の光



ゆらゆらと揺れながら
彷徨いたゆたう虚ろな心

けれど
キミをこの腕に抱きしめる……ただそれだけで
渇き切っていたはずのボクの心は
溢れるほどの安らぎで満たされてゆく



『愛しい』

――その言葉の意味が
キミと出逢えて初めてわかったような……
そんな……気がする



世界中の何よりも大切なもの
誰よりも掛け替えのない
たった1人の……大切な女性(ひと)

キミのこの笑顔を護るためなら――ボクは……



Encompassed by sweet breeze…――






Back